①公式ページを掲載するなど情報確認が出来る事

1つめは、貸す側の情報がきちんと掲載されているかです。
 
一般的な闇金融は、突然のテレアポやダイレクトメール等で勧誘を行い、新規顧客を獲得しますが、その中でもインターネット上にHPを載せて融資希望者に選択してもらう業者もいます。
 
これにより、毎回申し込まなくとも、各業者の貸付条件などを把握する事が可能となり、落ち着いて業者を選ぶ事が出来ます。
 
ポストに投函されるハガキやチラシ、突然送られてくる迷惑メールやテレアポなどは、そのほとんどが闇金融ですが、いきなり勧誘を受けての申込みは非常に危険と言えます。
 
現在では、融資を装った保証金詐欺などの事例もあるので、確実に融資を受けたいのであれば、まずは公式サイトなどをご自身の目で見て確実をする事が大切です
 

②ソフト闇金である事をきちんと伝えている事

2つめは、業者側が自分達はソフト闇金である事を掲載しているか確認しましょう。
 
インターネット上にはソフト闇金や融資を謳った悪質な業者もたくさんいます。その中で安全に利用したいのであれば、申込者を騙すような事をしていないかサイトを見て確認する事です
 
闇金の中でも、ソフト闇金というのは比較的良心的な貸付条件で契約する事が出来ますが、その中でも優良ソフト闇金と言われている業者もいます。
 
一般的なソフト闇金よりもさらに良条件で貸付けを行っており、申込者との信頼関係を大切にしているので、無理な取り立てやしつこい営業などは一切ないので、こちらも安心して利用出来ると判断出来ます。
 
逆に、ホームページ内でも、貸付条件などが記載されていないような業者は突然貸付条件の変更があったり、急に不必要な金額を請求される事もあるので、こういった条件などの記載が無いサイトは危険と判断した方が賢明と言えます。
 

③借りる側の事を考えて営業をしている事

3つめも大切な事ですが、申込者目線で営業をしているかも大事なポイントです。
 
昔から闇金融といえば、「貸してる」という風潮があり、借りる側は業者の顔色を気にしながら付き合う事がほとんどでした
 
しかし、闇金融も時代に沿って進化していき、上記のようなソフト闇金という業者が出てきましたので、そんな心配もなくなりました。
 
ネット時代になり、申し込む側にとっては何処に申し込めばよいのか、特に初めて利用する者にとっては分からないことだらけで不安ばかりが先行してしまいがちです。
 
しかし、こういった問題も公式サイトなどを確認すると1つずつ丁寧に記載している所もあります。金融業者を名乗っているだけの簡単な作りのサイトもありますが、中には丁寧に作り込まれているホームページも存在します。
 
こういった業者は嘘を載せている事が少なく、申し込むとそのままの条件で貸している所が多いです。申込者の不安を払拭出来るよう、口コミやQ&Aなどの情報を閲覧出来るのは助かるので、こちらもポイントになります。