①金融ブラックでも融資可能

どうしてもお金が必要で融資を受けたいけどブラックだから難しそう…。」
このような状況でお困りの方はたくさんいらっしゃいますが、現在ブラックに載ってしまう基準も広がり、消費者金融やカードローンなどの支払い遅延はもちろん、携帯料金の遅延などもブラック対象となり、融資を受けるのも困難な状況になってきております。
 
金融ブラックというのは、先に述べた通り、過去に返済が遅れてしまった事や債務整理や自己破産もブラック扱いになります。
 
この場合、消費者金融やカードローンなどは、申し込んでも審査が厳しく断られてしまいますが、ソフト闇金の場合、審査が甘いのでブラックの方でも審査に通りやすいです。ソフト闇金の審査では、CICなどの信用情報機関を通さずに審査をするので、過去の金融事故が原因でブラックリストに載ってしまった方でも、誰でも融資を受ける事が出来ます。
 
現在、ソフト闇金業界でも金利の低下や融資枠の増額をしている店も出てきており、消費者金融などに近い位置にいるソフト闇金もありますので、金融ブラックで悩んでいる方でも借りられるソフト闇金は、借りる側としたらメリットといえます。
 

②総量規制対象外での融資可能

現在の法律では、融資を申し込む際、総量規制という言葉が出てきます。
総量規制というのは、2010年6月に完全施行された貸金業法で、借りる側の年収の3分の1を超えた金額を貸し付けてはならないという事です。
申込者の年収が300万の場合、借りられる額は100万まで、それ以上貸したら違法ですという厳しい法律です。
それまでは、年収の3分の1以上の融資も受けられましたが、現在ではこの総量規制の為、貸したくても貸せられない、借りる側は返せるのに借りられずお金に困ってしまう、という悪循環を起こしています。
しかし、ソフト闇金に関しては別です。
 
ソフト闇金は、各々での審査基準で融資を行っている為、総量規制は全く関係なく、申込者の返済能力を重要な判断材料としているので、借り入れの多い方でも融資を受けられます。
貸し渋りの状況が続く中、総量規制の影響を受けずに借りられる事はソフト闇金のメリットといえます。
 

③専業主婦や年金受給者も融資可能

融資を受けるには返済をしますが、申し込む際に審査基準の1つとして「勤務先」というのが必要になってきます。
 
融資をする側が申込者がきちんと返済出来るのか、返済能力はあるのか、を判断する為です。
 
専業主婦の場合、配偶者の収入も判断材料とされますが、現在は貸し渋りが拡大され審査自体が厳しくなっている為、融資を受ける事が難しいといえます。
 
配偶者の了承を得ているのか確認も必要となりますので、勤務先に確認の電話や郵便物が届く事もある為、借りる側としたら都合も悪くなります。
 
年金も毎月の収入とみなされない為、審査が通らない事も多々あります。
では、ソフト闇金はどうでしょうか?
 
ソフト闇金の場合、独自基準での審査をしている為、専業主婦でも、配偶者の収入として審査され、配偶者の許可が必要なく積極的に融資を行っています。
 
年金も同じく、本人の収入として審査されますので融資を受けられます。
特に主婦の方々は、家計などで悩む事も多々ありますので、いつでも赤字を補填出来るソフト闇金はメリットといえます。